みなみ北海道を代表する産品「昆布」

昆布の一大生産地と言われる北海道。

なかでも、みなみ北海道の半島は、魚のひれのようにぎざぎざとした複雑な地形であり、海岸に沿うように連なる風光明媚な山々、その森林から流れ込む清らかな河川のある海域で、昆布が育つ優れた環境を持っていると言われています。

みなみ北海道を代表する産品「昆布」

みなみ北海道で採れる主な昆布は
真昆布(マコンブ)学名:Scassharina japonica 」と言われています。

学名にジャポニカとあるように、日本で唯一の、真の昆布という意味から、「真昆布」の名が付いたそうです。真昆布には多くの銘柄と格付けがあり、最高級品と言われる「白口浜昆布」、そして「黒口浜昆布」、「本場折浜昆布」があります。(※参照)

真昆布は、親潮と津軽暖流が交じる海流を持つ函館空港下周辺の沿岸から、内浦湾(別名 噴火湾)の手前までが主な漁場。対馬暖流の北上する日本海側では、真昆布も生育していますが、細めの葉形で粘りが強い「細目昆布」がよく採れます。

みなみ北海道を代表する産品「昆布」

そして、まだ広く知られていませんが、数ある昆布の中でも強い粘りを持ち、凹凸のある姿も独特な「がごめ昆布」は、日本海に位置する松前小島から函館一帯、内浦湾に至るみなみ北海道の海域が、国内での一大生息地なのです。

みなみ北海道を代表する産品「昆布」

みなみ北海道の昆布の歴史は古く、縄文期に始まります。

平安時代には朝廷に貢納され、鎌倉から室町時代には航路が延び、北前船によって交易が盛んだった江戸時代には、天下の台所・大阪や京都を経由し中国へも渡る昆布ロードが形成され、ニシンと並ぶ交易品でした。昔も今も、この土地が持っている優れた産品なのです。

昆布は、食用の海藻であるだけでなく、海底で大きな藻場を形成し、多様な生態系を保つ働きをしているといいます。昆布のみならず、みなみ北海道で採れるさまざまな魚貝類が絶品なのは、その恩恵を受けているからなのかもしれません。

(取材・文/山本直美)

みなみ北海道を代表する産品「昆布」